冬 肌 乾燥 なぜ

冬になると肌が乾燥するのは、なぜ?|スキンケアしてるのに。。。

美ライト

 

 

 

本格的な冬に入ると空気も肌も乾燥してきます。
ところで、その肌の乾燥の原因を皆さんは知っていますか?

 

それは外からだけでなく内側の原因によるものかもしれません。

 

なぜ冬になると乾燥肌になる人が増えるのかについて説明しましょう。

◆肌の乾燥と冬の乾燥した空気の関係

冬になると寒さが一段と増し、空気が乾く日も多くなってきます。

 

冬の肌が乾燥肌になりやすいのは、

 

乾燥した外気へと肌の水分がどんどん逃げていって、
肌の乾燥が進んでしまうからだといいます。

 

 

 

 

◆肌の乾燥とストレスについて

 

 

 

冬は日中の活動量も少なくなり、
家の中でじっとしている時間が長くなってしまいがちです。

 

ストレスの多い生活や、消費カロリーの低下が、乾燥肌に結びつきやすいようです。

 

 

ストレスが蓄積すると、体調を崩すことも珍しくありません。

 

 

にきびや吹き出物など
肌荒れの種類は様々ですがストレスの多い時に発生しやすいようです。

 

 

ストレスをどこかで発散しない限りは、
朝晩のスキンケアをしても肌の状態が好転しないこともあります。

 

 

冬のスキンケアは、まずはストレスを上手に発散する努力をしましょう。

 

 

 

 

◆肌の乾燥が酷い状態になってからでは手遅れ?!

 

 

あまりにも冬の乾燥肌の症状が進行しすぎてしまうとどうなるのか?

 

 

乾燥肌用のスキンケア用品でも、
肌への効果が十分でないという人もいるようです。

 

また、

 

いいスキンケア用品を使っている場合でも、
自分の肌に合う化粧品でなくなってしまうというケースもあります。

 

 

 

肌の乾燥が酷い状態になってからでは手遅れになりますから、

 

日頃からスキンケアをしっかり行うことで、
しみやしわのない、若々しいお肌を維持することは大事なこと。

 

 

肌が弱り切ってからスキンケアをしようとしてもうまくいきませんので、

 

たとえ乾燥肌を意識しなくても、
早くからお肌をしっかりケアしておく必要があります。

 

 

 

◆まとめ

 

 

 

ストレス発散と同時に、
お肌のスキンケアをしっかり行い乾燥にも耐えうる肌をつくっておくことで、

 

冬の肌トラブルを回避しましょう。

冬になると肌が乾燥するのは、なぜでしょう?その対策とは?関連ページ

乾燥肌のスキンケア
乾燥してるという言葉をよく耳にする季節。冬の時期は誰しも「乾燥」を感じるものですよね。どうして肌は乾燥するのか?なぜ冬の季節に乾燥するのか?スキンケアは普通のやり方でよいのか?などについてお話します。
乾燥肌のスキンケア方法について
乾燥肌のスキンケアの方法ですけど、例えば、お風呂上がりとかって、いつ行いますか?しばらくしてから?それともすぐ?メイク落としもいつやってますか?すぐですか?お風呂上がりやメイク落としでの注意点について説明します。
フェイシャルケアの必要性
年齢を重ねると人間の外見はだんだんと老けてきます。これは、肌の保湿力や弾力が失われて、皮膚自体が重力に引かれてしわが多くなってしまうためです。肌が老化すると、しみやたるみだけでなく様々な肌荒れの原因にもなってきます。そういったことにはどのように対処したら良いのか?
フェイシャルエステとの違い
フェイシャルケアをしたいのであればエステを利用することが最も簡単。確実に肌の手入れをしたいという人には、プロの技術とテクニックを兼ね備えているエステを活用するのがオススメ。もちろん自分でケアする以上にお金はかかりますが、あなたはエステに行くだけで肌のケアをしっかりしてもらえます。
フェイシャルケアを自宅で
かつてはフェイシャルケアといえば、エステに行かなければ受けられないものでしたが、最近は家庭用のフェイシャルケア用品を入手して家でのケアをする人が増えました。その結果、家庭で誰でも使えるようなフェイシャルケアの商品が多くなり、売り上げも伸びています。
コラーゲンとヒアルロン酸
美肌や健康への関心が強い人達がテレビのCMや雑誌などで「コラーゲン」「ヒアルロン酸」とういった成分を見ると、なんか良さそう。。。なんて思っちゃいます。それだけ注目しているということなんでしょうね。
ヒアルロン酸とコラーゲンの影響
コラーゲンやヒアルロン酸を配合した、美容ドリンクやスキンケア用品などは化粧品売り場に並んでいます。その理由はコラーゲンとヒアルロン酸は、どちらも美肌にいいからです。
ヒアルロン酸の増やし方
健康や美容のためにヒアルロン酸を補給する人が増えていますが、ヒアルロン酸が不足するとそうなるのでしょうか?もともと人の体は自身でヒアルロン酸をつくる機能を持っています。しかし、ヒアルロン酸はどんどん消費されていきますので、年を取ると生成量が追いつかなくなってしまいます。