コラーゲン ヒアルロン酸 違い

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとその相乗効果について

コラーゲン,ヒアルロン酸,違い

 

 

美肌や健康への関心が強い人達がテレビのCMや雑誌などで

 

「コラーゲン」
「ヒアルロン酸」

 

 

とういった成分を見ると、なんか良さそう。。。なんて思っちゃいます。

 

それだけ注目しているということなんでしょうね。

 

 

 

ところでそのヒアルロン酸とコラーゲンなんですけど
その性質については実はあまり知らないという人が多いんです。

 

同じようなものだと混同されがちな成分ですが、

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの持っている性質はそれぞれ違います。

◆コラーゲン

 

 

ヒアルロン酸は糖類に分類されるもので体のあちこちに必要とされています。

 

強い保湿力を持つヒアルロン酸は、
およそ6リットルの水を1gのヒアルロン酸で保つことが可能。

 

ですからそのヒアルロン酸が足りなくなると肌が乾燥しやすくなります。

 

 

◆コラーゲンとヒアルロン酸があることで肌の保湿力が上がります

 

 

お肌を拡大すると網の目のようにコラーゲンが存在していて、
網目と網目の間にヒアルロン酸があるといいます。

 

つまり、コラーゲンとヒアルロン酸の両方が肌にあることで

 

肌の水分はキープされ、
みずみずしく弾力のある肌になります。

 

 

また、

 

ヒアルロン酸とコラーゲンは関節部分の軟骨にも存在し関節機能を維持しています。

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸が欠乏すると軟骨が少なくなって
関節同士がぶつかりやすくなり痛みを生じます。

 

 

関節痛対策に
ヒアルロン酸とコラーゲンがいいといわれているのは、

 

保湿力があり関節痛の解消に良いためだからです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとその相乗効果について関連ページ

乾燥肌のスキンケア
乾燥してるという言葉をよく耳にする季節。冬の時期は誰しも「乾燥」を感じるものですよね。どうして肌は乾燥するのか?なぜ冬の季節に乾燥するのか?スキンケアは普通のやり方でよいのか?などについてお話します。
冬に肌が乾燥するのはなぜ
夏場は肌の乾燥もないのに、どうして冬になると肌は乾燥するんでしょう?スキンケアもしっかりしてるつもりなのに、肌はカサカサ。冬になると肌が乾燥する原因をしって対策することで、肌トラブルを未然に防ぎましょう。
乾燥肌のスキンケア方法について
乾燥肌のスキンケアの方法ですけど、例えば、お風呂上がりとかって、いつ行いますか?しばらくしてから?それともすぐ?メイク落としもいつやってますか?すぐですか?お風呂上がりやメイク落としでの注意点について説明します。
フェイシャルケアの必要性
年齢を重ねると人間の外見はだんだんと老けてきます。これは、肌の保湿力や弾力が失われて、皮膚自体が重力に引かれてしわが多くなってしまうためです。肌が老化すると、しみやたるみだけでなく様々な肌荒れの原因にもなってきます。そういったことにはどのように対処したら良いのか?
フェイシャルエステとの違い
フェイシャルケアをしたいのであればエステを利用することが最も簡単。確実に肌の手入れをしたいという人には、プロの技術とテクニックを兼ね備えているエステを活用するのがオススメ。もちろん自分でケアする以上にお金はかかりますが、あなたはエステに行くだけで肌のケアをしっかりしてもらえます。
フェイシャルケアを自宅で
かつてはフェイシャルケアといえば、エステに行かなければ受けられないものでしたが、最近は家庭用のフェイシャルケア用品を入手して家でのケアをする人が増えました。その結果、家庭で誰でも使えるようなフェイシャルケアの商品が多くなり、売り上げも伸びています。
ヒアルロン酸とコラーゲンの影響
コラーゲンやヒアルロン酸を配合した、美容ドリンクやスキンケア用品などは化粧品売り場に並んでいます。その理由はコラーゲンとヒアルロン酸は、どちらも美肌にいいからです。
ヒアルロン酸の増やし方
健康や美容のためにヒアルロン酸を補給する人が増えていますが、ヒアルロン酸が不足するとそうなるのでしょうか?もともと人の体は自身でヒアルロン酸をつくる機能を持っています。しかし、ヒアルロン酸はどんどん消費されていきますので、年を取ると生成量が追いつかなくなってしまいます。