しみ しわ ホルモン

しみやしわとホルモンの関係はどのように作用するのか?その対策は?

しみ,しわ,ホルモン

 

 

しみの要因として一般的なのは
太陽光に含まれる紫外線であるということはよく言われていることですけど。

 

バッチリ紫外線対策をしているにもかかわらず、
しみが目立つようになるケースでは女性ホルモンと関係ありと言えそうです。

 

 

というのも。。。

 

女性ホルモンのバランスによって、しみやしわが目立つようになるのです。

・どのようにホルモンが関係しているのか?

 

 

エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがありますが、
このうち肌の状態を改善する効果があるのはエストロゲンのほうです。

 

その女性ホルモンの1つであるエストロゲンが少なくなると、
脳の中に於いてエストロゲンを分泌するようにと信号が出されます。

 

 

しかし。。。この時

 

メラニン色素を分泌させるメラノサイト刺激ホルモンまでもが、
その命令に応じてしまうことになります。

 

 

しみの元はメラニン色素であるがゆえ、

 

大量に生産されてしまったメラニン色素はしみの原因になるのです。

 

 

他にも、

 

しわの増加、肌乾燥の悪化など、肌トラブルの理由の多くに、
女性ホルモンは関係づけられています。

 

 

・女性ホルモンのバランスの乱れによって、できちゃうしみ

 

 

女性ホルモンが乱れることで、
肝斑という種類のしみができることがあります。

 

肝斑の見分け方は左右対称にできることであり、

 

30-40代の女性で月経が不規則になったり妊娠しているとできやすいしみ。

 

 

もしも、基礎体温をつけたみたところ、
低体温期と、高体温期の境が曖昧な場合は、ホルモンの働きに要注意です。

 

 

・対策

 

 

ホルモンバランスの乱れでできたしみや肌トラブルは、
ホルモンのバランスが整えば回復します。

 

ただし。。。

 

ホルモンバランスがよくない時は、肌が紫外線に負けやすいため、
並行して紫外線から肌をガードするように心がけましょう。

 

 

大豆でつくられた食品はホルモンの乱れを解消すると言われています。

 

大豆から摂取できる大豆イソフラボンは、
エストロゲンに近い特性があり美肌効果が期待できるといいます。

 

お肌のコンディションを改善し、
しみやしわのない状態を目指したいものです。

 

しみやしわとホルモンの関係はどのように作用するのか?その対策は?関連ページ

化粧品を使わず美肌に
この頃、化粧品を利用しないで美肌になる手法が関心を集めています。それは美肌になるために、お肌がもともと持っている利点を活用するというもので、クレンジング剤も、メイクも、保湿剤なども使いません。どうして、化粧品を全く利用しないことで美肌効果が期待できるのでしょう?
週末の肌断食
肌断食とは、スキンケア用品やメイク用品など化粧品を一つも使わない時間をつくって、美肌になるという方法。そんな肌断食をしようと思い立った場合、あなたがすべきことは一体何でしょう?
肌断食の方法
断食法という美容方法は、化粧品を全く使わないで肌を美肌にするというものです。「肌断食」というネーミングは肌に何の化粧品もつけないところからです。メイクやローションパックをしないだけでなく、基礎化粧品も使いません。肌に一切の化粧品をつけない肌断食を実践することによって、美肌にいい効果とは一体何があるでしょう?
もろみ酢と美肌
もろみ酢は健康によいということで数多く商品化されています。健康によいということの一つの効果としてお肌にもいいことから、もろみ酢を摂取しているという女性は大勢います。もろみ酢に含まれる美肌効果とはどのようなものなのでしょう?