機能性食品 表示

機能性食品とはなに?またその表示について

機能性食品,表示

 

 

 

機能性食品とは文部科学省が、1980年代に決めたもので、
機能性食品という用語は日本で初めてつくられました。

 

現在では、世界の様々な国で、機能性食品という概念は用いられています。

・その概要は?

 

 

食品には、3つの要素があるとしています。

 

「栄養」
「おいしさ(嗜好性)」
「病気の予防」

 

 

「栄養」は、生命維持に必要なカロリーや、栄養素の部分です。

 

「おいしさ(嗜好性)」は、
味、香り、おいしさなどは、食事が内包している感覚機能です。

 

「病気の予防」は、
病気にかかりにくい体をつくったり加齢の影響から体を守る役割です。

 

 

体の調子を整える機能があることをを重視してつくられた食品のことを、
特に「機能性食品」と定義づけたというわけです。

 

 

・その特徴は機能を表示できること

 

 

食品の中にある病気の予防や体脂肪の燃焼に効果がある成分などを取りだし、
簡単に補給できるようにしたものが機能性食品という考えかたです。

 

 

機能性食品は、医食同源という思想がベースです。

 

機能性食品を補給することで、
病気になりにくい体や健康状態のいい体をつくるというものです。

 

 

ですから機能性食品は、

 

薬と違いますから何らかの疾患の治療効果があるような書き方はできません。

 

 

ですが、

 

健康食品の中でも特定の条件を満たし国の審査を経た上で
「特定保健用食品(トクホ)」という分類に入れることによって、

 

販売時の特定の保健の用途を表示できるようになっています。

 

 

例えば。。。

 

 

「脂肪を燃やす体へ」

 

「血圧の高い人へ」

 

「糖の吸収を穏やかに血糖値の上昇を抑える」

 

 

 

といった感じのCMなどよく見かけますよね。

 

 

このように機能性食品のうち、
保健機能食品として認められていれば、摂取時の効果について書けるのです。

機能性食品とはなに?またその表示について関連ページ

日本人に不足した栄養素
昔と違って現代は食べ物に困ることが少ないですよね。ですから、栄養素も豊富に摂取出来ていそうな感じになります。しかし、一方では栄養不足とも言われています。日本人に不足しがちな栄養素ってなんでしょう?またその栄養素はどうして不足してしまうことになるのでしょう?
女性に不足しがちな栄養
現代人の食事は飽食の時代であるのですが、過剰摂取気味な栄養素がある反面、不足しがちな栄養素もあります。女性に特に不足しがちと思われる栄養素ってなんでしょう?また、ビタミンeは女性にとって大事なものなのでしょうか?
子供に不足しがちな栄養素
近年は女性も社会に出て働く時代になりました。ですから昔と違って子供の食事の用意をしたりする時間があまりとれませんよね。子供に必要な栄養素を毎日細かくチェックして一日三回の食事に振り分けるのも一苦労。。。というか。。。無理。。。しかし、現代は子供に不足しがちな栄養素があると報告されています。忙しいなかどのように子供の栄養を補っえいけば良いのでしょう?
コレステロール値を下げるには
コレステロールは人間とっては必要なものであるのですが、食事が原因でコレステロールが上がり適正数値を超えて生活習慣病になるというパターンがあります。こういったことを防ぎ健康増進していく上でのポイントは、コレステロールの上昇を抑制するような食事のメニューにすること。
コレステロールを下げる食べ物
近年、食生活の変化などで脂肪の多量摂取がなされて、そのことが原因で、脳梗塞、心不全、心筋梗塞など血液関係の疾患。。。いわゆる生活習慣病が多くなっています。そういった病を予防するためのコレステロールを下げる食事、食材は何でしょう?お肉は全部ダメなんでしょうか?
コレステロールを下げる食事
コレステロールと聞いて思い浮かぶのは血中コレステロールが多くなりすぎると病気へのリスクが上昇するということ。そうならないためにするべきことは、コレステロールを下げる運動コレステロールを上げない食事などがありますが、今回は食事についての事ですこし述べたいと思います。